ベストケンコー非公式ガイド

ベストケンコーのお得な情報やマル秘裏ワザなど、非公式サイトだけの情報が満載!!

  1. ベストケンコー非公式ガイド TOPページ
  2. 特集ページ一覧
  3. 電子たばこはもっと危険?

電子たばこはもっと危険?

最近はコンビニやネットでも販売され始め認知度が広まっている電子たばこをご存知ですか?電子たばことは簡単に説明すると火をつけて煙を吸うたばこと同じように吸引しますが、電子のしくみでリキッドを水蒸気に変えて吸引するしくみとなっています。

電子たばこの種類と価格帯

リキッド補充タイプ

自分でリキッドを補充するタイプで本体価格が高い為、初期投資は他のタイプよりも高めになってしまいますが、リキッドを補充するだけですので、維持費は他のタイプよりも安くなります。

カートリッジタイプ

このタイプはリキッドが入っているカートリッジを交換するしくみで、コンビニなどで見かける物はだいたいこのタイプです。リキッド補充タイプと比べると本体価格は安いので初期投資は安く済みますがカートリッジはリキッドよりも高めになるので、継続使用の場合のトータルコストは高くなります。

使い切りタイプ

このタイプはリキッドの補充やカートリッジの交換は出来ず、本体自体が使い捨てとなってしまいますので、初期投資や短期での使用では一番安く済みます。ただし、味やデザインの選択肢はあまりありません。

電子たばこのメリットは?

メリットとしては、本物のたばこを禁煙する事が出来るという事ではないでしょうか。
今さら言うまでもなく、たばこは「百害あって一利なし」というくらいで、自分にも他の回りの人にも何も良いことはありません。やめられるのなら、やめたいという人がたくさんいると思います。

電子たばこのデメリットは?

一番には、本物のたばこに比べてコストが高いという事ではないでしょうか。以前に比べてたばこが、値上がりしたとはいえ、電子たばこを同じペースで吸った場合は当然本物のたばこよりも高くつきます。

その為、電子たばこで本物のたばこをやめる事が出来ても電子たばこを吸い続けた場合は経済的な負担は大きくなってしまいます。更に、最近は電子たばこによる健康被害と原因についても話題にあがっています。これは何かといいますと、電子たばこにも本物のたばこと同様にニコチンが入っている物があるという事です。

禁煙しようとして、電子たばこのニコチン作用で今度は電子たばこがやめられなくなってしまっては、本末転倒です。
もし、電子たばこの使用を検討されているのでしたら、そのような事も念頭において、検討した方が宜しいのではないのでしょうか。

おすすめ記事

※上記の情報は2ちゃんねるや、まとめサイト、ベストケンコーの特集ページ等を参考に記載している記事もあります。あくまでご参考コンテンツとしてお読みください。

ED対策から特集ページ一覧へ

ページトップへ