ベストケンコー非公式ガイド

ベストケンコーのお得な情報やマル秘裏ワザなど、非公式サイトだけの情報が満載!!

  1. ベストケンコー非公式ガイド TOPページ
  2. 特集ページ一覧
  3. 炭水化物ダイエットが危険?

炭水化物ダイエットが危険なのか?

炭水化物抜きダイエットとは、脂肪をつけて太ることを防ぐために意識的に食事から炭水化物を抜くダイエット方法のことです。確かに炭水化物を多くとり過ぎると血糖値も上昇しますし、糖尿病になるリスクも増します。それらを防ぐという意味ではメリットのあるダイエット法ではあります。

なぜ危険と言われている?

炭水化物を全く抜いてしまうことも、人体には悪影響を及ぼし、危険なことになりかねません。 では、炭水化物を抜いてしまうことが、危険な理由とは何でしょう。抜いてしまうことでどんな悪影響が出るのでしょう。

まずは、睡眠の質が落ちてしまうということがあります。
睡眠には脳内伝達物質であるセロトニンが重要な働きをするのですが、炭水化物は、セロトニンをつくるために必要な栄養素のひとつでもあるのです。炭水化物が不足してしまうと、セロトニンがうまく生成されず睡眠の質が落ちてしまうことになります。また、セロトニンが不足することでイライラしやすくもなると言われています。

炭水化物の役割

炭水化物は糖質とも呼ばれますが、糖は脳に直接届く唯一の栄養素とも言われています。脳にとっては、とても重要な役割を持っているのです。

イライラしたり、頭が働かなくなったり、集中力にも悪影響が出ます。こんな状態では、仕事ができなくなってしまったり、筋力も落ちたり、やる気が減退したり、生理不順などの原因にもなりやすくなってしまうのです。

また心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まったり、健康への影響する場合もあるので自分の体質にあった適度な運動、摂取カロリーや栄養バランスを考慮し無理なダイエットは控えた方が良いでしょう。

おすすめ記事

※上記の情報は2ちゃんねるや、まとめサイト、ベストケンコーの特集ページ等を参考に記載している記事もあります。あくまでご参考コンテンツとしてお読みください。

ED対策から特集ページ一覧へ

ページトップへ