ベストケンコー非公式ガイド

ベストケンコーのお得な情報やマル秘裏ワザなど、非公式サイトだけの情報が満載!!

  1. ベストケンコー非公式ガイド TOPページ
  2. 特集ページ一覧
  3. 女性の薄毛と対策

女性の薄毛の原因と対策

原因その1:女性ホルモンの分泌の乱れ

女性ホルモンは女性の心身の健康を司っているホルモンですが、実はこの中には発毛や育毛に対する作用を持つものもあります。そのため月経や閉経、妊娠や出産などでこの分泌バランスが著しく崩れると、女性の薄毛などが発生しやすくなります。

予防方法

予防方法としては、できるだけホルモンバランスを崩さないような生活習慣を心がけることが有効です。
そして対策として、大豆製品などから女性ホルモンに似た成分を摂取すること、また症状が酷い場合にはホルモン療法などを受けることも望ましいです。

原因その2:栄養不足

次に原因として挙げられるのは、栄養不足です。
そしてそれと関わり合いのある原因として、全身の冷えが挙げられます。女性は男性に比べると小食であることが多く、また体型を気にして食事量を減らしていると言う人も多いかもしれません。

結果、自分では十分に摂取しているつもりでも、栄養が不足していることも考えられます。頭髪の材料となり得るタンパク質などが不足していると、発毛や育毛が滞ることも考えられ、それが原因で薄毛や脱毛が出てくることも多くなります。

また栄養が不足すると体の機能にも影響が出やすくなるため、体が冷えやすくなります。体が冷えると全身の血流は滞りやすくなります。そしてこれは頭皮にも同じことが言え、頭皮で血行不良が起こると、髪のもとである毛母細胞に届けられる酸素や栄養量が不足しがちになります。そしてその結果、毛母細胞の分裂が不活性化してしまい、発毛が起きにくい、育毛が十分に行われないと言うことが発生しやすくなります。

予防方法

予防方法としては、小食の場合でもタンパク質の摂取量には気をつけること、極端なダイエットしないことなどが挙げられます。
特に若い内からこのような状態に陥ると、早い段階で薄毛、脱毛に悩まされることもあるので注意が必要です。

また対策としては、体を温める習慣、たとえば入浴や足湯などを持つこと、血行促進のために適度な運動習慣を持つことなどが効果的です。

原因その3:髪や頭皮に対するダメージ

女性の場合、おしゃれの一環としてカラーリングやパーマ、スタイリングなどをすることも多いです。しかしその際には、髪や頭皮にダメージが発生していることも多く、それが発毛や育毛サイクルを乱し、薄毛や脱毛の原因になることも考えられます。

髪、頭皮ダメージによる薄毛の対策

そのため対策その3としては、カラーリングやパーマは頻繁に行わない、スタイリング剤はその日の内にしっかりと落とすことが重要です。また髪や頭皮を乱暴に扱わないのも必要なことです。

その他の原因

また、薄毛にはストレスや健康状態など様々な原因があります。女性用育毛剤等の様々な対策もありますが、改善されない場合は専門のクリニック等に相談することをお勧めします。

※上記の情報は2ちゃんねるや、まとめサイト、ベストケンコーの特集ページ等を参考に記載している記事もあります。あくまでご参考コンテンツとしてお読みください。

おすすめ記事

ED対策から特集ページ一覧へ

ページトップへ